ロシア初のラブドール売春宿開店

英国のファンも含め、今年の夏のワールドカップに参加した選手もいる。人形ホテルは首都モスクワ商業区の摩天楼で開業したばかりです。ロボットの主は、ロリータ、サーシャ、ナターシャ、アリス、イスレという名のラブドールが客を待っていると言う。

この「合法的な妓楼」の部屋の価格は、毎時間17.75ポンドから29.50ポンドまでの間で、そのうちの1つは「幻想」と呼ばれ、もう1つはダンジョンがある。このロボットの費用を支払うと、その総コストは1時間あたり60ポンドに上昇し、この価格にはロシア連邦安全局の反スパイ機関に盗聴されるリスクも含まれている。

ホテルの一人の発言者は、「私たちは本当にワールドカップを待っている間にたくさんの観光客を待っています。イギリスからのお客様も含め、外国人のお客様がたくさんいることを期待しています」と語った。「それが今、外国人観光客に対する特別な許可を得ている理由です。選手については、コーチとコーチが許すなら、私たちは彼らを歓迎します。」これらの「ダッチワイフ」は「暖かい」と記述されており,「機械運動と人工脳」がある.

このホテルの創始者であるドミトリ・アレッサンドロフ(Dmitry Alexandrov)は、ロシア人の36%が自分の性生活に満足していないと述べている。ロシアに完全な成人レジャーセンターを設立することは、性生活の質を向上させる合法的かつ安全な方法であるだけでなく、ロシアで最も古い問題の一つである―暴力的な搾取女性―に向けた一歩である。」71~1.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント