ラブドールの歴史

 社会は発展を続け、様々な新しいものが次々と注目を集めているが、ここ数年、ラブドールは徐々に人々の視点に入ってきている。今日はラブドールの面白い歴史を普及させる。既に知られているように、初めは実体のラブドールはなく、先にインフレートの人形があり、実体の人形は絶えず革新、発展したもので、最初のインフレートの人形は30年代の末期に現れて、発明国はドイツと日本で、最初のは軍事に使われた。
 第二次世界大戦の時、ヒトラーはドイツ兵と第五地区「フィヤリアの血」を占領する女性との歓行を防ぐために、性病を根絶してナチス軍の中に蔓延し、特に党衛軍司令官ヒムライに命令して、秘密に女性の生理構造と似たようなインフレート人形を開発して、ドイツ軍の燃えを解消して、これはラブドールがこの世界に来た最初の原因で、今のラブドールの用途と似ているのではないか。
5_a1adebfe-3008-4938-86ba-eaa7f300fe1f_110x110@2x.png

 ヒトラーはこのことに注目し、「彼女がすべてのセクシーな外見を持っていなければならない」という具体的な要求をした。ここを聞いて、皆さんはどうして今のラブドールがこんなにきれいになったのか知っているのでしょう。しかし、この計画はうまくいかなかったので、連合軍はドレスデンを爆撃した。その時、ラブドールの加工工場がそこにあったので、残念ながら、ラブドールの誕生日は後から長い間抜けて、ううとしていた。その後のベトナム戦争で、アメリカはこの計画を複製して、前線の兵士に大量のラブドールを提供して(ドイツの兵士はとっくに使いたいと思って、ふん)、兵士たちの好評を得た。このようなインフレーションの人形は安く作られているので、安いので、製品の効果も満足できないし、体と顔のあるところには角があり、手触りが悪く、関節の曲がりが深刻に変形することもある。

22_e44326af-0dab-4bd1-b2e1-e522396979af_110x110@2x.png

 しかし、その後に市場はどんどん大きくて、金をもうけたい人も多くなって、21世紀になるとラブドールは肌に触れるだけでなく、肢体が柔軟で、あらゆる魅力的な姿勢を見せることができて、構造がしっかりして、耐用性も良いです。
今のラブドールはほぼ理想な人間のようにを実現しました。製品の質感は人間の肌に近いだけでなく、感触もほとんど本物にすることができます。将来、ラブドール業界の発展は非常に発展して、表情を変えることができて、そして反応があって、その時は知能実体の人形と呼ぶべきで更に適切である。
 科学技術は日々に発展して、日進月歩で、未来の実体の人形は千軒の家に入って、すべての家に必要な付き添い製品になると信じています。最高のアナログのシリコンラブドールを提供して、性愛に知能があるラブドールを製造して、最もあなたに似合うの成人の情緒用品のリーダーになります! 未来を信じてくれるスマートな彼女が、一人の孤独な姿を守ってくれるというのも私たちの夢です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント